トップへ » 当院の矯正治療について » 小児矯正について » 小児矯正とは

小児矯正とは

小児矯正小児矯正とは、乳歯が永久歯に生え変わる頃や、あごの成長が旺盛な時期に矯正治療を行うことです。

成長期にあるお子さまの場合、成長・発育を利用しながら治療が進められるため、無理なく、スムーズに行えます。また幼いうちから、美しい歯並びをキープすることで、ブラッシングなどお口の中の衛生管理を容易にし、将来的な歯の健康にもつながります。

最近では、歯並びの悪さが視力低下の原因となるとも言われ、学力や運動能力といったお子さまの学校生活にも影響を与えることがわかってきています。

もちろん大人になってからでも矯正治療は可能ですが、より理想的な条件のもとで効果的な治療を行うために、小児矯正をオススメしています。

矯正治療中、虫歯になりやすい子にはビスカバーLV(むし歯や変色の予防のための歯に塗るコーティング材)を塗布しております。

※矯正治療中の患者さまにはフッ素のうがい薬「ミラノール」を無料でお渡ししております。


トップへ » 当院の矯正治療について » 小児矯正について » 小児矯正とは


コールバック予約