トップへ » 当院の矯正治療について » 小児矯正について » 小児矯正ではあごの成長をコントロールできます

小児矯正ではあごの成長をコントロールできます

まだ永久歯が生えそろっていないのに、矯正治療をはじめるの?とお思いになるかもしれません。

たしかに、上下のあごの関係に問題のないケースでは、永久歯が生えそろってからの治療が一般的です。

しかし例えば、下あごが横にずれている、あるいは上下のあごが前後にずれている場合は、あごの成長を抑えたり、促進したりする治療が効果的です。

成長期のお子さまは、まだあごの骨格が完全にできあがっていないので、ちょうどその成長を利用しながら治療を行うことができます。

そのため、幼いうちに治療をはじめられると、一般的な矯正治療に比べて単純な装置だけで良好な結果が得られます。さらに大人になってからでは抜歯がやむを得ないような症例でも、歯を抜かずに済む、というケースもあるのです。


トップへ » 当院の矯正治療について » 小児矯正について » 小児矯正ではあごの成長をコントロールできます


コールバック予約