トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 正中離開

正中離開

正中離開上の正中の歯と歯の間が離れている正中離開は、乳歯列から認められることもあります。多くの場合、乳歯列のすき間は、大きな永久歯に生えかわるときになくなってしまします。そのため、正中離開は、永久歯に生え変わるまで経過をみたほうが良いと思います。

しかし、前歯が生え変わった段階で、隙間が5mm近くあるような場合は、完全な永久歯列になってから矯正治療をしても後戻りも生じやすいため、前歯が生えた段階での治療が望ましい場合もあります。また、上唇小帯が歯と歯の間まで張っている場合は、切除が必要になる場合もあります。

日本矯正歯科学会では、7歳半までに受信されること推奨しています。7歳ぐらいの時期は、永久歯が生え始める時期です。この時期になれば、今後のかみ合わせの状態がどのようになるか、ある程度は把握をすることができるからです。
 


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 正中離開


コールバック予約