トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 側方変位(交叉咬合)

側方変位(交叉咬合)

側方変位(交叉咬合)正常な咬み合わせでは、下の歯は、上の歯の内側に並んでいまが、上あごの発達が不十分な場合は、上下の歯できちんと咬めないので、下あごが横にずれてしまうことがあります。

下あごが横にずれてしまうと、顔の対称性にも影響をあたえます。そのような場合は、幼いころは顔が小さくて丸いためにあまり目立ちませんが、成長とともに顕著になってくことが多く見受けられます。

かみ合わせが横にずれている場合、早期の治療が望ましいと思います。幼い時期であれば、上あごを広げて、片咬みや頬杖などの好ましくない習慣を変えるだけで、良くなる場合もあります。

日本矯正歯科学会では、7歳半までに受信されること推奨しています。7歳ぐらいの時期は、永久歯が生え始める時期です。この時期になれば今後のかみ合わせの状態がどのようになるか、ある程度は把握をすることができるからです。
 


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 側方変位(交叉咬合)


コールバック予約