トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 反対咬合

反対咬合

反対咬合反対咬合は、上の前歯よりも下の前歯が前に出て咬んでいるかみ合わせです。舌の位置などの機能訓練は、乳歯列から行えますが、歯を動かすような歯科矯正治療は、前歯が生え変わるぐらいの時期が望ましいと言われています。また、乳前歯が永久歯に生え変わるとき、前歯のかみ合わせが良くなることもあります。

反対咬合の矯正治療は、小学生の低学年ぐらいが効果的な治療時期と言われています。

前歯のかみ合わせは一度改善しても、思春期成長期に再び反対咬合になる場合もあります。その場合には、成長期のスパート後が二期治療の開始時期として望ましいと言われています。また、著しく下あごが大きい場合は、成長終了後に手術を併用して治療が行われることもあります。若年者でも、上下のあごの大きさに不調和が認められる場合は、成長終了を待って手術を併用する治療を最初から計画することもあります。

子どもの時期に受け口の治療を受けなくても、ワイヤーを使う矯正治療だけでかみ合わせの治療はできますが、骨挌に影響を与えるような治療は、成長終了後は期待ができません。

日本矯正歯科学会では、7歳半までに受信されること推奨しています。7歳ぐらいの時期は、永久歯が生え始める時期です。この時期になれば、今後のかみ合わせの状態がどのようになるか、ある程度は把握をすることができるからです。
 


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 反対咬合


コールバック予約