トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 上顎前突

上顎前突

上顎前突上顎前突は、上の前歯が突出しているかみ合わせです。前歯が出ていると、口が閉じにくいために、唾液による免疫機能が働きにくくなり、う蝕や歯周炎に罹患しやすくなると言われています。また、小児期では、前歯をぶつけやすいということもあります。

上顎前突の歯科矯正治療の開始時期は、成長期が好ましいと思います。成人になってからでも、矯正治療は可能ですが、成長期に始めることで歯を抜かずに治療ができる可能性が高くなります。また、成長を促すことによって、顔のバランスを好ましくすることができる可能性も高まります。

日本矯正歯科学会では、7歳半までに受信されること推奨しています。7歳ぐらいの時期は、永久歯が生え始める時期です。この時期になれば、今後のかみ合わせの状態がどのようになるか、ある程度は把握をすることができるからです。
 


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 上顎前突


コールバック予約