トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 叢生

叢生

叢生叢生(乱杭歯、八重歯)は、歯が重なるよう生えている状態です。このような歯並びは、歯ブラシが隅々までとどきにくく、虫歯や歯周炎になる環境を作りやすいと言われています。

原因としては、顎の大きさよりも歯の大きさが大きい場合や、くちびるや頬の歯を押す力が強い場合などが考えられます。

叢生の矯正治療は、抜歯が必要なこと多く、永久歯が生えそろってからで十分な場合が多いと思われます。ただし、叢生とともに反対咬合や上顎前突の要素を含んでいる場合は、成長期に矯正治療を始めることをお勧めします。

また、あごを大きくする治療で歯並びを改善できる場合もありますが、その場合は成長期のほうが望ましいようです。

日本矯正歯科学会では、7歳半までに受信されること推奨しています。7歳ぐらいの時期は、永久歯が生え始める時期です。この時期になれば、今後のかみ合わせの状態がどのようになるか、ある程度は把握をすることができるからです。
 


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 叢生


コールバック予約