トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 過蓋咬合

過蓋咬合

過蓋咬合過蓋咬合は、前歯が深く咬みこんでいる咬み合わせです。多くの場合は、下の歯が上の歯肉に咬みこんでいて、咬み合わせた時に上の前歯で下の前歯があまり見えないような状態です。受け口(反対咬合)の場合も前歯の重なりが大きい場合は、過蓋咬合になります。

過蓋咬合では、あごの動きが制限されてしまいやすく、顎関節や歯周組織に負担がかかることがあります。また、入れ歯等の歯科治療を受ける際にも望ましい治療が受けにくい場合もあります。

前歯が前で咬んでいる過蓋咬合の場合、奥歯のかみ合わせが上顎前突と同じかみ合わせになっていることが多く、個人差はありますが、歯科矯正治療の開始時期は、成長期が望ましことが多いと思います。

日本矯正歯科学会では、7歳半までに受信されること推奨しています。7歳ぐらいの時期は、永久歯が生え始める時期です。この時期になれば、今後のかみ合わせの状態がどのようになるか、ある程度は把握をすることができるからです。
 


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 過蓋咬合


コールバック予約