トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 交叉咬合

交叉咬合

交叉咬合良いかみ合わせでは、上の歯は下の歯よりも前もしくは横に出ていて、上の歯が下の歯より外側に出て咬んでいます。交叉咬合は、一本以上の歯で上の歯が下の歯の内側に入っているかみ合わせです。

交叉咬合は、審美的にも好ましくなく、虫歯等の歯科治療を困難にする場合もあります。側方変位も交叉咬合に入ります。

一歯程度の交叉咬合は、大人の歯に生え変わってからの歯科矯正治療で十分な場合が多いですが、左右の歯が両方とも交叉咬合を呈している場合は、成長期の矯正治療が望ましいと思います。

日本矯正歯科学会では、7歳半までに受信されること推奨しています。7歳ぐらいの時期は、永久歯が生え始める時期です。この時期になれば、今後のかみ合わせの状態がどのようになるか、ある程度は把握をすることができるからです。
 


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 交叉咬合


コールバック予約