トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 鋏状咬合

鋏状咬合

鋏状咬合鋏状咬合は、下の歯が数本にわたって上の歯の内側に入ってしまい、かみ合わずにハサミのように咬むかみ合わせです。

このような状態を放置しておくと、どんどんズレが大きくなり、あごがゆがんでくる場合があります。また、すれちがってから長期間すぎると、歯科矯正治療でかみ合うようにする際に、複雑な治療となり期間がかかるような場合もあります。

鋏状咬合の場合、気がついた時点で、早期に歯科矯正治療を開始することが望ましく、成長期の治療のほうが望ましいと思います。

日本矯正歯科学会では、7歳半までに受信されること推奨しています。7歳ぐらいの時期は、永久歯が生え始める時期です。この時期になれば、今後のかみ合わせの状態がどのようになるか、ある程度は把握をすることができるからです。
 


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 鋏状咬合


コールバック予約