トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 空隙歯列

空隙歯列

空隙歯列あごに比べて歯の大きい人や、歯の数が少ない人の場合、歯列(歯のならび)全体に隙間が生じる場合があります。また、歯周病のために隙間がだんだんできてくることもあります。もちろん、乳歯列は、空隙歯列のほうが永久歯(大人の歯)に生えかわったときには、きれいな歯並びになりやすいです。

空隙歯列の歯科矯正治療は、基本的には、永久歯列(大人の歯)になってからで十分だと思います。ただし、歯並びに対して良くない癖がある場合は、早めにその癖を直したほうが良いので、習癖改善のために、早期に歯科矯正医に指導を受けておくことは、良いことだと思います。
 
また、空隙歯列は、後戻りが生じやすいので、治療後も長期も管理が必要になります。

日本矯正歯科学会では、7歳半までに受信されること推奨しています。7歳ぐらいの時期は、永久歯が生え始める時期です。この時期になれば、今後のかみ合わせの状態がどのようになるか、ある程度は把握をすることができるからです。
 


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 空隙歯列


コールバック予約