トップへ » 当院の矯正治療について » 治療例 » 側方偏位

側方偏位

下あごが横にずれて噛んでいるかみ合わせです。

上あごに比べて下あごの幅が大きい場合に生じやすいかみ合わせです。若年者では早期接触によって下あごが誘導されているだけ場合もありますが、成人まで放置すると骨挌がゆがんで、横にずれた状態であごが出来上がってしまうこともあります。

治療例1 20代 女性
治療前側方偏位1下へ
治療後側方偏位2

コメント
上下歯列にマルチブラケットを装着して治療をしました。下顎歯列の偏位は顎間ゴムを装着して改善しました。顎位の改善はわずかです。


トップへ » 当院の矯正治療について » 治療例 » 側方偏位


コールバック予約