トップへ » 当院の矯正治療について » 不正咬合の種類 » 叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

隣り合った歯が互いに重なり合っている状態で、「乱ぐい歯」とも呼ばれます。歯と歯の間の虫歯や、歯肉炎の原因となる危険性があるため注意が必要です。

治療例1
治療前叢生1下へ
治療後叢生2

主訴:八重歯  初診時年齢:12歳8か月 女性
診断名:骨格型Ⅲ級 臼歯関係Ⅲ級 叢生

上顎はエキスパンジョンスクリューを装着して歯槽基底部を含めて骨格的に拡大し、下顎はポータータイプの拡大装置を装着して側方歯の整直を行いました。その後、上下顎両側第一小臼歯と下顎両側埋伏第三大臼歯を抜歯してマルチブラケットの治療をしました。顎間ゴムを装着して下顎歯列の遠心移動を行いました。

治療期間:拡大治療 6か月  マルチブラケット治療 27か月
費用目安:81万円(検査診断料・処置料含、消費税別)
副作用・リスク:歯科矯正治療では、歯根吸収を起こす可能性もあります。口腔清掃不十分な場合は、う蝕や歯肉炎が生じる場合があります。


トップへ » 当院の矯正治療について » 不正咬合の種類 » 叢生(そうせい)


コールバック予約