トップへ » 当院の矯正治療について » 不正咬合の種類 » 上顎前突(じょうがくぜんとつ:出っ歯)

上顎前突(じょうがくぜんとつ:出っ歯)

上の前歯が、下の前歯よりも大きく前に突き出しています。場合によっては口を完全に閉じることができない状態になります。

外傷を受けやすいことや、口が完全に閉まらないために上の前歯が乾燥し歯肉炎になりやすいという問題があります。さらに食べ物を細かく噛むことや、発音に影響する場合もあります。

治療例1 10代 女性
治療前上顎前突1下へ
治療後上顎前突2

コメント
上顎両側第一小臼歯を抜歯してマルチブラケット装置による治療をしました。片顎抜歯の治療です。

治療例2 10代 女性
治療前上顎前突3下へ
治療後上顎前突4


コメント
ヘッドギアを装着して上顎の前方成長の抑制と上顎第一大臼歯の遠心移動を行いました。臼歯関係の改善の後、上下顎にポータータイプの拡大装置を装着して歯列弓の側方拡大を行い、マルチブラケットの治療をしました。非抜歯の治療です。


トップへ » 当院の矯正治療について » 不正咬合の種類 » 上顎前突(じょうがくぜんとつ:出っ歯)


コールバック予約