トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正装置の種類 » 歯の裏側につける装置

歯の裏側につける装置

リンガルブラケット装置が目立たないように、歯の裏側にブラケットをセットすることも可能です。

従来の裏側の装置は、しゃべりにくい、舌があたる、歯みがきがしにくいなどデメリットが多く、あまり使用されてきませんでした。

しかし近年のブラケットは、よりコンパクトで凹凸が少ない装置になり、ほとんど違和感なく装着できるようになりました。

当院では「リンガルブラケット」を採用しています。これは非常にサイズが小さく、角が丸いため、舌にあたっても違和感がなく、発音に対する影響も少ないものです。

どうしても歯の表面に装置が見えてしまうのがいやだ、という方にはオススメです。ただし、表面の装置よりも治療費がかかってしまいます。

歯の裏側で固定する装置また、ブラケットを用いずに歯の裏側で固定する装置もあります。

一般には、補助的な装置として一時的に用いますが、小児矯正ではこの装置だけでの治療が可能な場合もあります。


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正装置の種類 » 歯の裏側につける装置


コールバック予約