トップへ » 当院の矯正治療について » 患者さまの声

10代 女性

症例写真

【動的治療期間】(ワイヤー矯正) 16ヶ月

コメント
県外の大学病院からの転院症例です。マルチブラケットの治療前に捻転していた上顎第二小臼歯の改善をパラタルアーチとリングレットで予め施し、全体治療は咬合の緊密化に努めました。

20代 男性

症例写真

【動的治療期間】(ワイヤー矯正) 21ヶ月

コメント
他医院で以前に治療された再治療の患者様でした。マルチブラケット治療前の歯の整直に期間を要しました。歯と骨の位置関係も改善されました。

10代 女性

症例写真

【動的治療期間】(ワイヤー矯正) 37ヶ月

コメント
乱杭歯を主訴として来院されました。上下顎第一小臼歯を抜歯していただいて矯正治療を行いました。来院間隔が長めの患者様でしたので、予定より治療期間が長くかかりました。きれいになりました。

10代 女性

症例写真

【動的治療期間】(ワイヤー矯正) 35ヶ月

コメント
上顎に対して下顎が小さい骨格性の上顎前突でした。上顎第一小臼歯の抜歯をしていただき、上顎前歯の突出感は改善されて口唇閉鎖が容易にできるようになりました。

10代 女性

症例写真
【動的治療期間】(ワイヤー矯正) 24ヶ月

コメント
上顎歯列を遠心(後ろ)に移動させて非抜歯で治療しました。すれ違っていた右側の第二大臼歯の咬合関係も改善しました。

10代 女性

症例写真
【動的治療期間】(ワイヤー矯正) 32ヶ月

コメント
上顎前歯の突出を主訴として来院されました。上顎第一小臼歯と下顎第二小臼歯を抜歯していただいて矯正治療を行いました。来院間隔が長めの患者様でしたので、予定より治療期間が長くかかりました。

10代 女性

症例写真

【動的治療期間】(ワイヤー矯正) 24ヶ月

コメント
先天的に下の前歯が2本欠損していたため、上顎前突を呈していました。上顎の小臼歯を抜歯していただいて、マルチブラケットの治療を行いました。バランスの良い前歯被害になったと思います。

小学生 男性

症例写真

【動的治療期間】 1ヶ月

コメント
反対咬合を主訴として来院されました。舌側弧線装置(裏側から前歯を前に押し出す固定式の装置)で治療を行いました。1ヶ月間で上の前歯は前に出てきましたが、前歯のかみ合わせが安定するようにするため、装置は約4ヵ月間装着しました。

20代 女性

症例写真

コメント
上顎前突を主訴として来院されました。上下のかみ合わせにズレがあり、歯が並ぶ場所が不足していたため、治療が長期間に及びました。患者さまの努力もあり、良いかみ合わせになったと思います。

30代 女性

症例写真

【動的治療期間】 27ヶ月

コメント
乱杭歯を気にされて来院されました。重なって後ろに生えていたために見えなかった、上あごの右の側切歯もきれいにそろい、正中も一致しました。歯の生え際の隙間を小さくするために前歯を少し細くしました。

10代 男性

症例写真

【動的治療期間】 23ヶ月

コメント
乱杭歯を主訴に来院されました。順調に治療がすすみ、良いかみ合わせになりました。以前にお姉さまの治療もさせていただきました。

20代 女性

症例写真


コメント
上の前歯が出ていることとデコボコに並んでいることを気にされて来院されました。
上の歯を全体に後方に移動した後に、歯並びを整えるために小臼歯を抜歯していただいて、マルチブラケットによる歯科矯正治療を行いました。きれいな歯並びになったと思います。

30代 女性

症例写真

【動的治療期間】(ワイヤー矯正) 26ヶ月

コメント
乱杭歯を主訴に来院されました。上顎の歯列を拡げてから、マルチブラケット(ワイヤー矯正)の治療を行いました。治療も順調に進み、きれいな歯並びになったと思います。抜歯治療です。

10代 女性

症例写真

【動的治療期間】(ワイヤー矯正) 20ヶ月

コメント
前歯の逆被蓋を気にされて来院されました。一期治療として、上下歯列の拡大と舌側弧線装置を用いた前歯の交叉咬合の改善を行いました。そして、第二大臼歯が生えてから二期治療として、歯列の再拡大とマルチブラケット(ワイヤー矯正)の治療を開始しました。下顎の変位も改善されて良い咬合になったと思います。非抜歯の治療です。

20代 女性

症例写真

【動的治療期間】(ワイヤー矯正) 27ヶ月

コメント
乱杭歯を気にされて来院されました。上下歯列の拡大を3ヶ月間行った後に、小臼歯を抜歯していただいて、マルチブラケット(ワイヤー矯正)の治療を行いました。正中線も一致して、きれいな歯並びになったと思います。

40代 男性

症例写真

【動的治療期間】(ワイヤー矯正) 18ヶ月

コメント
歯の離解を主訴に来院されました。上顎を3ヶ月かけて拡げてから、マルチブラケット(ワイヤー矯正)の治療を行いっています。
空隙歯列は、後戻りが生じやすい咬合のため、保定装置は裏側から接着する固定式のものと可撤式(取り外しのできる装置)を併用しました。

20代 女性

症例写真

コメント
マルチブラケット(ワイヤー矯正)の治療中に留学されました、装置の破損等のトラブルもありませんでした。
きれいなかみ合わせになりました。

小学生 男性

症例写真

【動的治療期間】 1ヶ月

コメント
交叉咬合を主訴に来院されました。リンガルアーチ(上顎の裏側につける固定式装置)を用いた部分治療です。
かみ合わせは早期に改善されましたが、かみ合わせが安定するように3ヵ月間は装置を装着したままにしました。

10代 男性

症例写真

【動的治療期間】 18ヶ月

コメント
上顎前突を気にされて、ご来院されました。上顎の小臼歯2歯と下顎の小臼歯1歯の抜歯をしていただいて、歯科矯正治療を行いました。抜歯症例としては変則的ですが安定した咬み合わせになりました。
口元も良いバランスになったと思います。

10代 女性

症例写真

【動的治療期間(ワイヤー矯正)】 22ヶ月

患者さんの声当院で矯正治療を受けようと思われたきっかけは?
歯ならびが悪かったから

治療中の感想をお聞かせください。
痛いときもありましたがなんとかがんばれました。

術後の現在の状態はいかがですか?
きれいにととのってると思います。

コメント
乱杭歯をきにされて、ご来院されました。
上下歯列を拡大してから、マルチブラケット(ワイヤー矯正)の治療を行いました。
非抜歯の治療です。かみ合わせが良くなったと思います。

30代 女性

症例写真

【動的治療期間(ワイヤー矯正)】 25ヶ月

コメント
上顎に拡大装置を2ヶ月装着した後に、マルチブラケット(ワイヤー矯正)の治療を行いました。
治療中にご結婚され、結婚式のためにブラケット(装置)を一時的に外しましたが、それから治療を再開しました。歯は抜かないで治療しました。かみ合わせがよくなり、側方歯の咬合干渉も軽減されました。

20代 女性

症例写真

【動的治療期間】 22ヶ月

コメント
上顎歯列を拡大(2ヶ月)後に、マルチブラケット(ワイヤー矯正)の治療を開始しました。歯は抜かずに治療をしました。

60代 男性

症例写真

【動的治療期間】 33ヶ月

コメント
上下歯列を拡げてから、加強固定にヘッドギアを使用していただき、マルチブラケット(ワイヤー矯正)を行いました。小臼歯の抜歯をしていただきました。歯の動きが緩徐で、治療も慎重に進めたため治療期間が長くなってしまいました。

10代 女性

症例写真

【動的治療期間】 18ヶ月

コメント
始めにヘッドギアを使用していただいて上の第一大臼歯を後ろに動かし、下には乳歯が抜けた後の隙間を残すために舌側弧線装置の装着をしました。その後、マルチブラケット(ワイヤー矯正)を用いた治療を行いました。非抜歯で治療を行いました。

20代 女性

症例写真

【動的治療期間】 23ヶ月

コメント
上の前歯が少し突出していましたが、マルチブラケット(ワイヤー矯正)によりバランスの良い歯並びになりました。小臼歯の抜去をしていただきました。

10代 女性

症例写真

コメント
動的治療中に開口障害が生じてしまいましたが、スプリント(マウスピース)を使用していただいたところ、良好な状態に戻りました。歯は抜かないでマルチブラケット(ワイヤー矯正)の治療をしました。

10代 男性

症例写真

【動的治療期間】 26ヶ月

コメント
上顎第一大臼歯が近心(手前)によって生えてしまい、第二小臼歯の生える場所がなくなってしまいました。ヘッドギアを12ヶ月使用していただいて、第一大臼歯を遠心(後ろ)に動かしました。その後、永久歯列(大人の歯)まで経過観察を行い、マルチブラケットによる治療を行いました。歯が大きく並びきらないため、小臼歯を抜いていただいて治療を行いました。良好な状態を維持していると思います。

20代 男性

症例写真

【動的治療期間】 15ヶ月

コメント
上顎歯列の拡大を先行して行い、ワイヤー矯正を14ヶ月行いました。顎間ゴムをよく使っていただけたので、治療が順調にすすみました。

20代 女性

症例写真

コメント
上下顎ともに大きく歯と登の間に隙間があり、上顎には乳犬歯も残っていました。隙間を閉じて、保定治療に移行しました。

10代 女性

症例写真

【動的治療期間】 13ヶ月

コメント
鋏状咬合を呈していたため、下顎の歯列を拡大しながら上顎の幅径を小さくするために顎間ゴムを使用していただきました。ワイヤー矯正の治療は、ご家族で相談されて十分な状態になったとのことで、4ヵ月間で終了し保定治療としました。

30代 女性

症例写真

コメント
歯ならびが複雑な状態でしたが、安定したかみ合わせになりました。長期間の管理をさせていただいています。

20代 男性

症例写真
【動的治療期間】:(ワイヤー矯正)28ヶ月

コメント
上あごを拡げて、上の奥歯を後ろに動かしてからワイヤー矯正をしました。とてもよくなったと思います。

20代 女性

症例写真
【動的治療期間】:22ヶ月

コメント
下の前歯の形態修正もしました。かみ合わせも良くなり、きれいな歯並びになりました。上の前歯の歯肉も見えにくくなりました。

10代 男性

症例写真

コメント
一期治療で上顎の縫合部を含めて歯列を拡げました。
その後に二期治療として、ワイヤー矯正を行いました。下の歯2本が欠損していましたが、上下の歯の大きさのバランスを考慮して、上の小臼歯を2本と下の小臼歯を1本抜いていただいて治療させていただきました。かみ合わせも良くなりました。

20代 女性

症例写真

コメント
ワイヤー矯正で治療をしました。真中が一致しました。

10代 男性

症例写真
【動的治療期間】:27ヶ月(ワイヤー矯正)

コメント
一期治療として、部分ワイヤーで上の前歯の配列をして経過をみさせていただきました。
その後、全体のバランスを考慮し、上の歯を一本だけ抜いていただいてワイヤー矯正を行いました。正中が一致し、前歯の傾きも改善されました。

10代 女性

症例写真
【動的治療期間】:28ヶ月(ワイヤー矯正)

コメント
一期治療としてヘッドギアと部分ワイヤーを用いた治療を小学生の時にさせていた
だきました。バランスの良いかみ合わせになったと思います。

10代 男性

症例写真
【動的治療期間】:23ヶ月(ワイヤー矯正)

コメント
上の奥歯を後ろへ動かす装具を7ヶ月間使っていただいてから、ワイヤー矯正をさ
せていただきました。とてもきれいなかみ合わせになりました。

10代 女性

症例写真
【動的治療期間】:29ヵ月(ワイヤー矯正 25ヵ月)

コメント
約4ヶ月間で歯列を広げて、それからワイヤー矯正で治療をしました。バランスが良くなったと思います。

30代 女性

症例写真

コメント
動的治療終了後も、長く保定装置の経過を診させていただいています。

20代 女性

症例写真
【動的治療期間】:37ヵ月

コメント
下の前歯の歯肉側にブラックトライアングル(三角形の隙間)が生じたため、前歯の形態修正をしました。治療期間が長くなってしまいましたが、きれいに仕上がりました。

20代 女性

症例写真
【動的治療期間】:15ヵ月

コメント
治療は順調にすすみ、きれいな歯並びになりました。固定式の保定装置も併用しました。

30代 女性

症例写真
【動的治療期間】:37ヵ月

コメント
上の歯に広げる装置を5ヶ月装着した後に、ワイヤー矯正を32ヶ月行いました。下の歯は抜いていませんが、輪ゴムをよく使っていただいたので、バランスの良いかみ合わせになりました。

10代 男性

症例写真
【動的治療期間】:3ヵ月

コメント
内側に生えてきた前歯を裏側からの装置で治療しました。経過によりワイヤー矯正をしていく予定です。

10代 女性

症例写真
【動的治療期間】:18ヵ月

コメント
上あごの歯列を2ヵ月間かけて広げてから、ワイヤー矯正で16ヵ月間かけて治療しました。
患者様の協力も良く、順調に治療がすすみました。歯を抜かないで治療をしました。

20代 男性

症例写真
【動的治療期間】:26ヵ月

コメント
上下の歯列を4約ヵ月間かけて広げてから、上の歯だけ抜いていただいて、ワイヤー矯正で22ヵ月間かけて治療しました。前歯も下がり、かみ合わせも良くなりました。

10代 男性

症例写真
【動的治療期間】:53ヶ月(一期治療13ヶ月、二期治療40ヶ月)

コメント
上下の歯列の幅を左右に広げてから、上の第一大臼歯をヘッドギアで後ろに動かしてもらってから、ワイヤーの矯正を行いました。下の第二大臼歯の生える場所が不足していたため、第二大臼歯が萌出する前に小臼歯を抜歯していただいてワイヤーの矯正を開始しました。結果的には、それでも第二大臼歯の萌出が遅く、生えるのを待っていたため治療が長期になってしましました。

10代 女性

症例写真
【動的治療期間】:45ヶ月(一期治療10ヶ月、二期治療35ヶ月)

コメント
一期治療で前歯の交叉咬合の治療をしました。永久歯列になってから拡大装置で4ヶ月かけて広げてから、ワイヤーの矯正治療を31ヶ月行いました。予約の間隔が長くなりがちのこともあり、治療期間が少し長くなってしましましたが、きれいなかみ合わせになりました。

20代 女性

症例写真
【動的治療期間】:20ヶ月

コメント
上あごは、拡大しながら部分的なワイヤー矯正を行い、舌あごは全体的なワイヤー矯正で治療しました。きれいな歯並びになりました。非抜歯です。

20代 男性

症例写真
【動的治療期間】:29ヶ月

コメント
3か月間、上あごを広げてから、ワイヤー矯正を26ヶ月行いました。反対咬合傾向の乱杭歯でしたが、バランスのとれたかみ合わせになりました。

20代 女性

症例写真
【動的治療期間】:28ヶ月

コメント
歯列を広げる動的治療を3ヶ月行った後に、ワイヤーの矯正を25ヶ月行いました。前歯の状態が良くなりました。

10代 女性

症例写真
【動的治療期間】:24ヶ月

コメント
埋まっていて引き出すことが困難な歯がありました。非対称な抜歯で治療しましたが、正中線は一致できました。

10代 女性

N.K.様 症例写真
【動的治療期間】:21ヶ月

コメント
前歯がきれいになりました。下の歯は、抜いていません。

30代 女性

症例写真

コメント
右側の交叉咬合と正中線が、きれいに改善されました。

10代 男性

A.T.様 症例写真
【動的治療期間】:32ヶ月(一期治療と二期治療を合わせた期間)

コメント
一期治療で、反対咬合の治療をして、永久歯に生え変わってからワイヤーを用いた仕上げの治療をしました。
上の左側の側切歯が小さいため、かみ合わせと小さい歯の部分の骨の状態を考慮して、隙間を残すことになりました。

20代 女性

C.O.様 症例写真
【動的治療期間】:17ヶ月

コメント
歯を抜かないで治療することができました。

30代 男性

症例写真

コメント
上あごの歯を後ろにずらしたり、広げたりしたため期間を要しましたが、歯並びやかみ合わせがとても良い状態になりました。

関連ページリンク

当院の矯正治療について認定医と指導医の違い治療の流れと期間
矯正装置の種類治療例矯正治療の開始時期患者さまの声小児矯正について
医療控除についてよくあるご質問料金表

無料カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当院の矯正治療について » 患者さまの声


コールバック予約