トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 未萌出歯

未萌出歯

未萌出歯あごの骨の中には、歯胚という歯の種のようなものがあり、その歯胚が、発育して歯として生えてきます。この歯胚の位置によっては、歯が骨の中に埋もれてしまうこともあります。

埋伏した歯は、周囲の骨や歯の根を溶かしてします場合があります。また、埋伏した歯の根が完成してしまうと、その歯を引き出すことが困難になってしますこともあります。

そのため多くの場合は、埋伏歯の牽引は可能な限り早い段階が望ましいようですが、歯の牽引処置をすることで周囲の歯に負担をかける場合があるため、慎重な対応が必要です。

日本矯正歯科学会では、7歳半までに受信されること推奨しています。7歳ぐらいの時期は、永久歯が生え始める時期です。この時期になれば、今後のかみ合わせの状態がどのようになるか、ある程度は把握をすることができるからです。


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療の開始時期 » 未萌出歯


コールバック予約