トップへ » 当院の矯正治療について » 治療例 » 開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

上下の奥歯をしっかり噛みこんでいる状態でも、前歯が噛み合わずすきまができてしまうものをいいます。

食べ物を前歯で噛み切ることができなくなり、また、飲み込む時に舌を前に出してしまう癖がつきやすく、放置しておくとさらに症状が悪化する場合もあります。

治療例1 20代 女性
治療前開咬1下へ
治療後開咬2

コメント
上顎にパラタルアーチを装着後に、上顎両側第一小臼歯と下顎第三大臼歯(智歯)抜歯してマルチブラケットによる治療をしました。前歯被蓋の改善には顎間ゴムを使用しました。


トップへ » 当院の矯正治療について » 治療例 » 開咬(かいこう)


コールバック予約