トップへ » 当院の矯正治療について » 治療例

叢生(そうせい)

隣り合った歯が互いに重なり合っている状態で、「乱ぐい歯」とも呼ばれます。歯と歯の間の虫歯や、歯肉炎の原因となる危険性があるため注意が必要です。

治療例1 10代 女性
治療前叢生1下へ
治療後叢生2

■会田先生のコメント
上顎はエキスパンジョンススクリューを装着して歯槽基底部を含めて骨格的に拡大し、下顎はポータータイプの拡大装置を装着して側方歯の整直を行いました。その後、上下顎両側第一小臼歯と下顎両側埋伏第三大臼歯を抜歯してマルチブラケットの治療をしました。また、顎間ゴムを装着して下顎歯列の遠心移動を行いました。

上顎前突(じょうがくぜんとつ:出っ歯)

上の前歯が、下の前歯よりも大きく前に突き出しています。場合によっては口を完全に閉じることができない状態になります。

外傷を受けやすいことや、口が完全に閉まらないために上の前歯が乾燥し歯肉炎になりやすいという問題があります。さらに食べ物を細かく噛むことや、発音に影響する場合もあります。

治療例1 10代 女性
治療前上顎前突1下へ
治療後上顎前突2

■会田先生のコメント
上顎両側第一小臼歯を抜歯してマルチブラケット装置による治療をしました。片顎抜歯の治療です。

治療例2 10代 女性
治療前上顎前突3下へ
治療後上顎前突4


■会田先生のコメント
ヘッドギアを装着して上顎の前方成長の抑制と上顎第一大臼歯の遠心移動を行いました。臼歯関係の改善の後、上下顎にポータータイプの拡大装置を装着して歯列弓の側方拡大を行い、マルチブラケットの治療をしました。非抜歯の治療です。

下顎前突(かがくせんとつ:受け口)

下の前歯が上の前歯よりも前方で噛み合ってしまう歯がある場合をいいます。一般には「受け口」とも呼ばれ、審美面だけでなく、食べ物を細かくする能力が低下したり、顎関節の不快感を訴えたりする原因となることもあります。

治療例1 10代 男性
治療前下顎前突1下へ
治療後下顎前突2

■会田先生のコメント
上下歯列をポータータイプの拡大装置を装着して側方拡大し、部分ワイヤー(ユーティリティアーチ)を装着して前歯の圧下をしました。その後に上顎に装着したホールディングアーチを固定源にして上顎前方牽引装置を装着して上顎の前方成長の促進と下顎の前方成長の抑制を行いました。マルチブラケットを装着しない部分治療の症例です。

治療例2 30代 女性
治療前下顎前突3下へ
治療後下顎前突4

■会田先生のコメント
上顎左側側切歯が欠損した叢生を伴う反対咬合の症例です。上顎右側第一小臼歯と下顎両側第一小臼歯を抜歯してマルチブラケットの治療をしました。前歯が欠損した症例や抜歯をした症例では、正中線が一致しにくくなる事もあります。

治療例3 20代 男性
治療前下顎前突5下へ
治療後下顎前突6

■会田先生のコメント
マルチブラケットによる術前矯正の後に外科的に下顎を後方移動しました。現在、当院では外科矯正の保険治療は行っておりません。

過蓋咬合(かがいこうごう)

「咬合」とは「かみ合わせ」のことです。過蓋咬合のほかにも交叉咬合(こうさこうごう)や鋏状咬合(はさみじょうこうごう)なども注意すべき咬合です。

たとえ1本の歯だけであっても、かみ合せの不正が著しい場合は、摂食や言語機能及び審美面へ影響を及ぼすことがありえます。

治療例1 10代 男性
治療前過蓋咬合1下へ
治療後過蓋咬合2

■会田先生のコメント
上下歯列にポータータイプの拡大装置で拡大して、部分ワイヤー(ユーティリティアーチ)を用いて上顎前歯の圧下をしました。固定式装置撤去後に筋機能装置(バイオネーター)を装着して下顎の前方成長促進を誘導しました。マルチブラケットを装着しない部分治療です。

治療例2 20代 女性
治療前過蓋咬合3下へ
治療後過蓋咬合4

■会田先生のコメント
上下歯列をポータータイプの拡大装置を用いて拡大後に、上下顎両側第一小臼歯を抜歯してマルチブラケットによる治療をしました。

開咬(かいこう)

上下の奥歯をしっかり噛みこんでいる状態でも、前歯が噛み合わずすきまができてしまうものをいいます。

食べ物を前歯で噛み切ることができなくなり、また、飲み込む時に舌を前に出してしまう癖がつきやすく、放置しておくとさらに症状が悪化する場合もあります。

治療例1 20代 女性
治療前開咬1下へ
治療後開咬2

■会田先生のコメント
上顎にパラタルアーチを装着後に、上顎両側第一小臼歯と下顎第三大臼歯(智歯)抜歯してマルチブラケットによる治療をしました。前歯被蓋の改善には顎間ゴムを使用しました。

側方偏位

下あごが横にずれて噛んでいるかみ合わせです。

上あごに比べて下あごの幅が大きい場合に生じやすいかみ合わせです。若年者では早期接触によって下あごが誘導されているだけ場合もありますが、成人まで放置すると骨挌がゆがんで、横にずれた状態であごが出来上がってしまうこともあります。

治療例1 20代 女性
治療前側方偏位1下へ
治療後側方偏位2

■会田先生のコメント
上下歯列にマルチブラケットを装着して治療をしました。下顎歯列の偏位は顎間ゴムを装着して改善しました。顎位の改善はわずかです。

関連ページリンク

当院の矯正治療について認定医と指導医の違い治療の流れと期間
矯正装置の種類治療例矯正治療の開始時期患者さまの声小児矯正について
医療控除についてよくあるご質問料金表

無料カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当院の矯正治療について » 治療例


コールバック予約